99歳でえくぼへお世話になり早4年半が経ちました。
以前は食欲旺盛で好奇心も旺盛で、ある時、長い行列が出来ているので遅れをとってはならないと列に並び、切符を買って
入ったらロカビリーと言うのをやってたの!!という話も記憶に残っています。
高齢により寝ている事が多くなり、本人の「世話にはなりたくない」という強い願いが入居のきっかけでした。
最近までは歩いていましたが、転んで大腿骨を骨折してしまい、手術は上手くいきましたが、今は車椅子に乗っています。
一時は食事や飲み物が進まず、点滴のお世話になった事もありました。
施設で出される食事はほとんど食べなくなってしまいましたが、食物の持ち込みの許可をいただきましたので、以前好き
だったチョコレートやパン、餡子系のお菓子等を持って行っています。
施設の皆さんには「義母が無理のないよう暮らして欲しい」と言う家族の考えを汲み取っていただいていますし、寝て
いる時間も多くなりましたが、好きな食物、飲み物を食べている様なので安心しております。
コロナ禍で気軽に面会も出来ない状況ですが、又会いに行くので楽しいお喋りしましょうネ!!
施設の皆さま、気に入らない事は手を振りほどいたり、にらむ事も有ると思いますが、これからも宜しくお願い致します。

ページトップへ