ユニットケアによる、一人ひとりに優しい介護

特別養護老人ホームには大きく分けて、従来型多床室とユニット型個室の2種類があり、当施設えくぼではユニット型個室のケアを導入しています。
従来型多床室では、多くの入居者様を効率良くケアすることが求められ、生活を営む上で必要な食事や入浴、睡眠などで様々なサービスが画一的な「集団ケア」になる側面を持ちます。一方でユニット型個室は、 10人前後の入居者様を1ユニットとして形成し、個室によってプライバシーが守られ、一人ひとりの個性を尊重し、居宅に近い環境でのケアを目的とする「個別ケア」を実現するための施設形態です。
ユニットケアとは、入居者様の尊厳を支えるケアを念頭に、入居者様の多様性と価値観の違いを理解し、日常の暮らしを保証する仕組みを作り、専任のユニット職員によって実践される介護といえます。
質の高いユニットケアを目指して、当施設えくぼではユニットケア推進委員会を設置して毎月、ケアの評価、目標を掲げて実践する取り組みを行っています。このように「個別ケア」に専念できる環境整えることで、入居者様のえくぼが自然に溢れるサービスを提供します。

居室ユニット紹介

各居室ユニットのスタッフと
日々の生活についてご覧いただけます。

  • おみなえし
  • はぎ
  • なでしこ
  • ふじばかま
  • せり
  • なずな
  • おばな
  • ききょう
  • はこべら
  • ごぎょう

定期的にレクレーション・イベントを開催し
ユニット間の交流を深める

体操レク教室の様子

当施設えくぼでは、入居者様の施設での生活が単調にならないように、主に3つのレクレーションを定期的に行っています。

1つ目は月に一度、特定非営利法人埼玉コーチズによる体操レク教室を施設にて開催しております。レクレーションの内容は、「ガンバルーン体操」というもので空気圧を調整したボールを使用し、握る・挟む・投げる・踏むという様々な体操で肩こりや腰痛などの改善、予防や運動機能の向上、筋力維持を目的としています。
「座・ソーラン」ではソーラン節をロック調にアレンジし、車椅子上でも踊れるように工夫され、入居者様が楽しく、安心して踊れるプログラムになっています。

2つ目にえくぼでは音楽療法専門士・近藤亜紀子さんよる音楽療法を行っています。近藤亜紀子さんは1999年より主に唱歌、流行歌、民謡など、人生に馴染みのある曲を選曲し、自主性、自己表現を引き出し、対象者様主体の音楽療法を実践されている方です。
歌唱、楽器活動を通して、季節の認識、回想、コミュニケーション、身体運動の誘発、発散、達成感、リラクゼーションなどに繋げ、少しでも生き甲斐を感じて頂けるレクレーションになっています。音楽療法を取り入れてからは、スタッフから入居者様の笑顔が増えるようになったとの声を聞くようになり、プログラムで入居者様の年代に合あせた曲や故郷の歌を歌う際には懐かしさのあまり、涙ぐむ方もいます。音楽療法の効果をスタッフが入居者様と共感できるレクレーションになっています。

3つ目は、ボランティアによるイベントを定期的に開催して地域との交流を積極的に取り組んでいます。最近、入居者様から好評を得ているのはフラダンスやフラメンゴなど踊りの演目がメインのボランティアが人気となっています。
えくぼでは、ボランティアを通じて地域との開かれた関係づくりを目指して地域貢献、社会貢献へと繋げていきたいと考えております。

  • 音楽療法の様子
  • クリスマス会の様子
  • お花見散歩の様子
  • 音楽療法の様子

専門スタッフによるリハビリテーション

機能訓練の様子

機能訓練は日常生活において基本動作(食事・更衣・移動・排泄・整容・入浴)など生活を営む上で不可欠な基本的な行動を自らの意思と力で出来る様に国家資格を有する専門職員が評価し訓練を行うものです。当施設では個別性を重視し、利用者様1人1人に合った訓練を行う様努めております。日常生活のどの場面にも、立ち上がり、座る、歩く、走るなど行いますが体の動かし方にはそれぞれ個別性があります。動きやすい体の使い方を体に覚えてもらうために同じ動作を繰り返す事で失われた機能の再教育、またベッドから立ち上がる際のベッドの高さを評価するなど多岐にわたります。
機能訓練はトレーニングと違い、無理をしてすることではなく、日常生活の活性化、気分転換を図りながら、時には音楽療法や集団レクリエーションを行い、お体に負担なく楽しんで取り組んでいけるようにしております。

経験豊富な嘱託医による丁寧な診察・回診

平成29年6月より嘱託医は吉川市で埼葛クリニックを長年開業されている、医院長の小笠原忠彦先生をお迎えすることとなりました。
小笠原先生は小児科医を専門としており、小児は自分自身で症状を訴えることが難しことから病状の判断がつきにくく、その点は認知症など患わっている老人にも通ずるところがあり、小児診察で培った経験や判断が、ご入居者様への診療に役立てることが出来ます。
一番大切にしていることは、ご自分の両親家族を診るという気持ちで向き合う診察をしており、施設の回診には入居者様ひとりひとりに十分な時間をかけまた御家族にも誠意ある説明対応を行っております。

ページトップへ